仮想通貨 税金 損失 繰越

仮想通貨の税金

仮想通貨が最近はやっていますね。
中には億り人と呼ばれ、仮想通貨だけで億を稼ぎだしている方もいるみたいです。
しかし、仮想通貨でももちろん稼いだら税金を納めなくてはいけません。
納税義務がありますので、納税しなかったら仮想通貨でも脱税になって捕まってしまいます。

 

仮想通貨で損失が出た場合

 

仮想通貨の取引を行っていると、時には損失を出してしまうこともあります。
基本的に投資では、損失が出た場合にはその損失額を繰り越すことができます。
なぜ損失を繰り越すかというと、繰り越すことで翌年度の利益と相殺でき、税金を抑えることがで切るのです。

 

簡単に説明すると、例えば今年投資で100万円の損失を出したとします。
そして翌年は300万円の利益を出したとします。
この場合、翌年の課税対象となるのは300万円ではなく、前年度の損失100万円を差し引いた200万円が課税対象となるのです。

 

仮想通貨の損失と繰り越し

 

仮想通貨投資や取引で損失を出した場合に繰り越しができるかどうかという話ですが、結論を言うと繰り越しはできません。

 

なぜかと言われると、おそらくまだ仮想通貨に関する法律が整備されていないからです。
ですから、今後仮想通貨に関する法律の整備が整って損失の繰り越しができるようになる可能性は十分あります。

 

 

また、仮想通貨の税金についてはどの時点で利益を確定させるのかという部分も非常に重要になっています。
これも、今後仮想通貨の法律の改正で解釈が変わる可能性がありますが、今のところは

 

・仮想通貨を法定通貨に換えたとき
・仮想通貨で何かものを買ったり支払いをしたとき
・仮想通貨をほかの仮想通貨に換えたとき

 

主にこの3つのタイミングで利益や損失が確定しますので覚えておきましょう。

 

関連サイト

仮想通貨に関する基礎知識は下記関連サイトで詳しくご紹介していますので、参考にご覧ください。
関連サイト:教えて!仮想通貨